乳牛モーモーさんのまきば牧場での日々を綴ったマキバ系日記
おすすめ

牛天市場

牛天市場@まきば系×マキバ系
お買い物は是非牛天市場で

来場者数
ご案内

まきば系ぶろぐへお越しいただきありがとうございます。マキバ系ブログではPC、モバイルどちらでも同じURLで閲覧することができます。
一部のブラウザ、モバイル機種では正しく表示されない可能性があります。お気づきの点がございましたら、メールフォームからご連絡いただけると幸いです。


テンプレートの利用規約はこちらから

テンプレートの不具合報告はこちらから


まきば系ぶろぐ管理人

まきばの仲間たち

まきば

カテゴリー
月別アーカイブ
まきば住人
酪農豆知識
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

まきばBlogPet

ブログペット

QRコード

QRコード

RSSフィード

第2話「別れ」

牛太郎は言葉が出なかった。牛子と牛太郎と牛四郎は幼なじみで、小さい時からよく知っていた。

牛子 「そう牛四郎さんなの・・・」
牛太郎「牛四郎のどこがいいんだ」
牛子 「・・・」
牛太郎「はっきり言ってくれ」
牛子 「頭の大きいところ・・・」

そんな話をしていると、近くで牧草を食べていた牛四郎がやってきた。

SBSH0001.jpg

牛四郎「やぁみんな」
牛太郎「牛四郎、お前は牛子が好きなのか?」
牛四郎「あぁ好きだ」
牛太郎「わかった」
牛子 「牛太郎さんのことが嫌いになったわけじゃないのよ」
牛太郎「わかった、幸せになるんだぞ」
牛子 「さよなら、牛太郎さん」

牛子と牛太郎の恋に終止符がうたれた。つづく・・・

★次回の予告★
次回、まさかの再開!果たして牛子と牛太郎と牛四郎はどうなっていくのか。お楽しみに!

スポンサーサイト

第1話「出会い」

それは寒い日が続く季節だった。牛子は牛太郎に問いかけるように話だした。

牛子 「ねぇねぇ牛太郎さん」
牛太郎「なんだい?」
牛子 「私たちの出会った場所覚えてる?」
牛太郎「覚えてるよ、牧場だろ」
牛子 「ちゃんと覚えててくれたのね、うれしい」

意外にも牛太郎と牛子の出会いは牧場だったのだ。

牛

牛子 「それでね」
牛太郎「なんだい?」
牛子 「牛太郎さんに言わないといけないことがあるの」
牛太郎「なんだい?」
牛子 「実は好きな牛ができたの?」
牛太郎「もしかして牛四郎か?」
牛子 「・・・」

牛子は黙ってしまった。つづく・・・

★次回の予告★
第1話から別れを切り出されてしまった牛太郎、はたして牛太郎と牛子の運命はどうなるのか?次回「炎の牛太郎」をお楽しみに!

copyright © 2005 まきば系ぶろぐ all rights reserved.